マスカラは、まつ毛に負担が掛かる

女性がメイクをする際に欠かせないのが「マスカラ」です。

マスカラは手軽に薬局や化粧品売り場で誰でも購入することができるお手軽アイテムの定番ですが、実はマスカラを使用することでまつ毛に想像以上の負担がかかっていることは知っていましたか?

スカルプDの公式サイトでは、マスカラを落とす際にまつ毛にかかる力を独自調査の計算法に当てはめた所衝撃の事実だったことを公開しています。

それがこちら。
参考サイト:スカルプD

マスカラを落とす時にまぶたが引っ張られますが、その時にまぶたにかかっている負担はなんとセントバーナード2匹分、つまり大型犬2匹に引っ張り続けられている負担がかかっています。

これによって化粧落としの時にまつ毛が抜けてしまい、どんどん薄くなっていく負のスパイラルに突入します。

まつ毛を濃く、太くそして目をぱっちりに見せたいと思っているがゆえに始めるマスカラですが、あなたが今しているマスカラはそもそも薄まつ毛に近づいている可能性があることを今一度考えましょう。

また化粧落としの時だけでなく、マスカラを付ける際のビューラーを使うことで力が加わってしまい負担がかかります。
ビューラーを使えばくるりと綺麗な目元を作ることができますので、一見綺麗に見えますが続けることは確実に負担です。

髪の毛もパーマをかければ髪質も毛根も弱まっていくように、まつ毛は特に周期が三ヶ月と短いことから抜けやすい性質でもあるため注意が必要となります。

軽く紹介させていただいたように、マスカラはもっとも手軽であり、誰でも簡単に今日から始められるまつ毛メイクの1つです。
手間もかからず費用も抑えられ、自分で出来ることから特に若年層に人気なまつ毛の手入れ方法ですが、これだけの負担をかけて継続するのはリスクが高いと言えます。

そんな人におススメしたいのが、まつ毛育毛剤です。

まつ毛育毛剤であればまつエクのように高額で通う必要もありませんし、引っ張られる違和感などもありません。

マスカラのようにメイクで毎日落とすことの負担もなく、自身のまつ毛が成長するのでよりナチュラルでパッチリした目を手に入れることができます。

日本ではまつ毛育毛剤を医師に処方してもらう場合、「美容扱い」となっているため保険が使えず医療費が高額ですが個人輸入を使ってルミガンのジェネリックを選択すれば、非常に安く済ませながら健康的なまつ毛を維持することができます。

まつ毛に負担なく、より自然で綺麗なまつ毛を手に入れたい方は、まつ毛育毛剤が最もマストと言えるでしょう。

TOP